私が薬局で買うもの

私の家はドがつくほどの田舎でもなく、かといって超のつくほどの都会でもないのですが、家の近くには主要な施設が整っているので暮らしにくいということはありません。この前も歩いて薬局まで行ってきました。いつもなら自転車で行くのですが、運動不足だなと思ったのでわざと歩きました。

薬局って、いつも我が家が行っているスーパーよりも若干遠いのであまり行かないのですが、実は日用品ってスーパーよりも安かったりするんですよね。お菓子類とかゼリーとか。薬局というと薬を買うイメージですが、今度からは食品も買いに来ようかなと思いました。安いなら使わない手はないですし。

この前薬局に行った目的はヘアカラーを自宅でしようと思ったたためでした。私の髪は太くて黒々としているため、美容院で染めてもらっても思ったように染まらなかったのです。8,000円も出して暗い色なら、いっそのこと500円で自分で染めてしまえと思ったのです。染めてから時間もかなり経った頃だったので試してみると、染める工程が結構おもしろかったです。

ちょっとくさいし待ち時間暇ですが、自分でやったことによって不満も何もないような気がしました。出来上がりは美容院と変わらず。欲を言えばもっと染まってほしかったですが、ムラにもなっていませんし、これなら最初から500円で済んだのにと思いました。

他には、ムダ毛剃り用のカミソリを買ったり、薬局といいつつ私は美容商品を買っていたりします。そのためカードも作りました。あまり高級なメイク道具はいらないので薬局で十分です。数も多いですし、見ているだけであれは好きな時間かも。アイライン、マスカラ、コンシーラーなどなど、メイク道具は全て薬局で揃えます。安いものでも実際使ってみるとそんなに悪いものでもないし、むしろ使えることがわかってからはずっと薬局のものを使っています。

今改めて思うと、薬をメーンに売っているのは変わらないですが、その他の日用品も結構増えたように感じます。それだけ利用者が多いのでしょうね。海外にいた時も薬以外のものがちょこちょこと売っていました。日本よりはまだ薬のお店という体が強かったですが。今ではすっかり日常生活に欠かせない場所になっていますね。

私の祖母は頻繁に使いすぎてポイントで良い腕時計をもらっていました。知らぬ間にうちの家族も結構利用していたんだなと思うとさらに親しみが湧きます。お菓子類がスーパーより安いのならスーパーは今危機にあったりしているんでしょうかね。


PAGE TOP