病院や製薬会社、研究機関で働く薬剤師の給料はどのくらい?

薬剤師の間でもっとも人気のある就職先は国公立の病院です。その理由は給料の安定性とやり甲斐にあります。まず給料についてですが、公務員扱いとなるため年々自動的に昇給していきます。

最初の初任給はドラッグストアや調剤薬局と比較すると低めに設定されていますが、徐々に年収が上がっていくため生涯年収を考慮するとかなり高めの給料がもらえることになります。夜勤に入れば手当がつきますし、ポジションが上がって薬剤部長になればさらに役職手当がつきます。

他にも病院勤務では臨床経験を積むことができるというのも大きなポイントになってきます。薬剤師の知識を総動員して医薬品を調剤したり、飲み方を患者に指導したり、薬の安全性に対する情報を提供することは薬剤師ならではのやり甲斐があるのです。

このため国公立の病院への就職は人気が高く、毎年少ない定員を多くの薬剤師が争うことになります。さらなるスキルアップを望む人は臨床検査技師の資格を取得して血液検査や超音波検査などをマスターし、病院の薬剤師として採用されるように努力を行います。

薬剤師の中には人とコミュニケーションをとることが苦手で、一人で研究をするのが好きというタイプの人もいます。こういった人が目指す就職先は製薬会社や大学研究員や民間の研究機関です。

研究を仕事とする職場の中では一部上場の製薬会社が最も給料が良く、部長レベルになると年収が1000万クラスの人もたくさんいます。外資系製薬会社も給料が高いですが、会社の業績が低迷すると人件費を抑えるするために人員削減を行う可能性があり、長く勤めることができるとは限らないのでそこまで人気はありません。

また製薬会社であっても研究職に就きたくないという場合はMRになることも可能です。MRは医薬品の知識を必要とする営業職で売上の成績によってはボーナスがもらえるため、収入は青天井と言ってよいでしょう。しかしMRの仕事は激務になることも多いため、プライベートを削ってまで働きたくない人には向かない業種と言えます。

大学や民間の研究機関で働く場合の年収は薬剤師として平均的で400万円~600万円が妥当なラインと言えるでしょう。給料もそこそこでマイペースで働きたいという人にはピッタリの職場と言えます。ドラッグストアや病院と異なり、あまり多くの人と接する機会はないため、コミュニケーションを取るのが好きな人には向かない職場かもしれません。


PAGE TOP